ポンコツとお金

年収350万円の妻子持ちが都内で暮らすのは正直ムリゲー

年収350

年収350万円

独身だったら、地方だったらそれなりの生活ができる年収だと思います。

ただ、都内、妻子持ちだともうほとんど詰みです。

そんな現状を吐露していきます。

私なんてもっと低いって人もいると思いますが、まぁなんだ、お互い頑張ろうや。

年収350万円の手取りは20万前後

毎月の手取りは残業によって上下しますがおおよそ20万円前後です。

家計の内訳はだいたいこんな感じです。

  1. 家賃 :9万円
  2. スマホ、ネット:7千円
  3. 光熱費:1万円
  4. 食費 :5万円
  5. 消耗品:5千円
  6. 子ども諸々:1万円
  7. 雑費  :1万円
  8. 教育費:1万円

    計 19万2千円

結構切り詰めてこの内訳です。

家賃が若干高い感じもしますが、これ以上下げると1DKぐらいしか選択肢が無くなるので、それだとさすがに…

スマホ回線ももちろん夫婦そろって格安SIMです。

二人で月2,000円ぐらいです。

マジで月8,000円とか払ってる人見るとお金持ってるんだなって思いますよ。

食費も切り詰めているほうだと思います。私は朝食食べませんし、昼食はサラダチキンだけ。夜はダイエットも兼ねて米は食べずに少しのおかずだけで済ませています。

歯磨き粉とかシャンプーといった消耗品も楽天やアマゾンのセール時に少しでも安く買うようにまとめ買いしています。

一応借金せずに生活は出来ていますが、ご覧の通りカツカツなので、誰かが病院に行ったり、急な出費があると少ない貯金を切り崩さないとやっていけません。

ここにもっと大きな事故とかが加わったら、もう我が家の家計は破綻です。

この不安にずっとさらされていて、正直辛いです。

年収が低いと妻と子供に我慢をさせる生活が待っている

ここからは年収が低くて悲しかったエピソードを紹介していきます。

たまに外食に行っても、食べたいものより値段で選ぶ

外食に行ってもどうしても値段が気になって食べたいものが食べれないです。

ジュースを頼むなんてもってのほか。

子供がたまにお店でジュース飲みたいと言っても我慢させます。

妻も気を使ってなるべく安い値段の料理を注文している様子。

私の給料がもっと多ければこんな我慢させずにすむのになっていつも思っちゃいます。

嫁は結婚前、服を買うのが好きだったけど…

結婚して子供ができてからは気を使ってGUでしか服買ってないです。

妻は服を買うのが大好きだったので結婚前はファッション雑誌をよく見て、服を買っていましたがそういうこともしなくなっていきました。

服買わないのって聞くと、「雑誌で見たら満足しちゃうから」と気を使ってくれます。

ええ嫁やで。わしにもっと甲斐性があればな…

お金の話してたら、4歳の息子にうちって○○なのって言われた

貧乏故にいつも嫁とお金の話をしています。

そういう会話を息子も聞いているので、ある日、どこでおぼえてきたのかわかりませんが、

「うちって貧乏なの?」

と純粋な目で聞かれたときは思わず嫁と目を合わせてしまいました。

この出来事があってからは、息子の前でお金の話はやめようと思いましたね。

イレギュラーなことがあったら詰みのプレッシャー

お金がないせいで、生命保険にも入ってないので、私が病気になったらこの家終わりです。

貯金も無いので、文字通り我が家は路頭に迷うことになります。

健康には気を使っているつもりですが、それも限界があるので、いつ病気になるかわかならい不安といつも戦っています。

いい教育を受けさせてあげられない苦しみ

息子にはできるだけいい教育を受けさせてあげたいのですが、教育ってお金がかかるんですよね。

今はギリギリ公文に通わすことができていますが、これが小学校、中学校になってくるとどんどんお金がかかるので十分な教育を受けさせられなくなるでしょう。

それを考えると本当に申し訳なくて申し訳なくて。

いつも寝顔を見ながら謝っています。

年収が低いなら子供は作るのは考えたほうがいい

私は嫁も息子も愛していますが、私の甲斐性が無いせいで苦労ばかりかけているので、これだったら結婚も出産もしないほうがよかったんじゃないかっていつも考えてしまいます。

「愛さえあればなんとかなる」と結婚、出産に踏み切るのもアリなのかもしれませんが、

一度してしまったら死ぬまで面倒をみないといけないということを忘れないほうがいいと思います。